無添加ドッグフードランキング!

大切な家族、愛犬の長生きを助けるために

愛犬家の皆さんへ贈る 無添加ドッグフードランキング!

 

皆さん、初めまして。当サイトは、愛犬家が管理するワンちゃんに関するあれこれを配信しているサイトです。

 

約1年ほど前に、我が家の愛犬(ジョン)は亡くなってしまいました。
ですが、犬の年齢的には大往生。元気に、犬生を過ごしたと思っております。

 

ジョンは小型犬種でしたが、それでも子犬の頃は体が小さかったです。兄弟たちに比べても一回りほど違い、発育が心配でした。
飼い始めてから初めての検診時に、獣医さんに色々と相談したことを懐かしく思います。

 

その際に、教えて頂いたのが「ドックフード」についてです。

 

ドッグフード

私はそれまで、ドックフードの違いを知りませんでした。
ところが、獣医さんの話、ネットでも調べてみると、市販のドッグフードにはありえない廃棄肉が使われていることもあるようでした。
4Dミート」と言って、死んだ動物の肉・廃棄肉が使われている現状もあるようです…。
動物を飼われていない方にとって、しょせんは犬の食べ物と考えられるかもしれませんが、その事実に愛犬家である私はショックを受けました。

 

中には、鳥を砕いたものを肉として混ぜているものもあるとか…。
ある種のホラー話ですよね(^_^;)
骨が混ざっているものは、水に浸していると、骨が浮き上がってくるそうです…。

 

安いドッグフードほど、そういった危険性が潜んでいるようです。
大切な愛犬に、そんな危険なご飯を食べさせたくはないですよね。
まず、食べられたとしても安いドッグフードを食べ続けているうちに、それが要因になって病気やアレルギーなどを引き起こす恐れもあります。
愛犬の健康を考えると、絶対に避けたいドッグフード!
そのときの出費はおさえられても、病気になると病院代がかかるので元も子もありません。それに、長生きしてもらいたいからこそ、そんなご飯は食べさせたくない!

 

そこで私は、愛犬家の皆さんに向けて、情報サイトを立ち上げました。
獣医さんの話などを参考にしていますので、ぜひ参考にしてください。

 

愛犬家の皆さんへ 正しいドックフード選びの3つのポイント

 

病気知らずの健康な体を維持してもらいたい。だからこそ、ドッグフード選びにもこだわりを。
3つのポイントを紹介いたします。

 

<『ミートミール』は危険>

愛犬家の皆さんへ贈る 無添加ドッグフードランキング!

ミートミールは、危険性の高いものです。
成分表をチェックして、もしもミートミールが入っていたら絶対避けるべし!
人間が絶対に食べないレベルの肉が使われていてワンちゃんの健康にも影響をもたらします…。
いや〜な話、鳥などを粉砕した肉が混ぜられているなど、原材料がよくありません。
他にも、「肉の副産物」や「家禽副産物粉」、「家禽ミール」などと表記されることがあるので要注意!

<賞味期限が長いものは避ける>

愛犬家の皆さんへ贈る 無添加ドッグフードランキング!

人間が食べる食品と同じく、賞味期限が異常に長いものは、それだけ添加物が使われているものです。
添加物は犬の健康に藻悪影響をもたらすので、なるべく無添加を選んであげましょう。
添加物では、次のようなものがあります。

 

エトキシン…防腐剤の役割があります。殺虫剤や除草剤にも使われていて、猛毒性があるのでとても危険。
しかも怖いことに、エトキシンは表記義務がないため、実は今のドッグフードに使われている可能性も…。
BHD(ブチルヒドロキシアニソール)/BHT(ジブチルヒドロエキシトルエン…防腐剤として使われています。ドッグフードの脂質の点かを防ぐための添加物で、永久保存レベルの強い作用がありますが、発がん性物質のリスクがあります。

<穀物は不使用タイプが良い>

ドッグフード

穀物ドッグフードのかさ増しによく使われる傾向にあります。
たとえば、「とうもろこし、コーングルテン粉、グルテン、小麦粉」など。これらの成分が入っているものは栄養成分に劣るので、ワンちゃんの健康のためにはなりません。
また、穀物を継続的に摂取していると、消化器系や内臓、皮膚の病気やアレルギーを引き起こす恐れがあります。

 

以上3つのポイントに気を付けて、ドッグフードを選んでみましょう!

 

獣医さんも推奨!オススメのドッグフードランキング

ドッグフード

「カナガン」グレインフリードッグフードの特徴

獣医も推奨する通販限定のドッグフードです。 人も食べられるほど品質が高く、愛犬家の皆さんにイチオシ! 肉副産物や穀物は一切不使用。添加物も使われていません。 安全な原料にこだわっていて、チキンやさつまいもなどを使い、犬に必要な栄養をハーブなどやさしい素材で摂ることが出来ます。 また、低炭水化物なので脂肪もつきにくく、消化が良いことなどもポイント。 毛並つややかに、うんちも健康的と、利用者さんから大好評の商品です。

価格 3,960円
評価 評価5
備考 国際規格SALGLOBALランクA取得、定期コースは最大20%OFF

ドッグフード

ナチュラルドッグフード「ラム」の特徴

ナチュラルドッグフードラムは、人間が食べられるほど高品質のラム肉を主原料に使用しているドッグフードです。 チキンアレルギーのワンちゃんも安心してお召し上がりいただけます。肉副産物や穀物は一切不使用の無添加クオリティ。 アレルギーになりやすい「小麦、トウモロコシ、乳製品、大豆、豚肉、牛肉」は一切使用していません。 消化吸収もよく、犬の体に負担がかかりにくいドッグフードです。

価格 3,960円
評価 評価4.5
備考 国際規格SALGLOBALランクA取得

ドッグフード

FINEPET’Sの特徴

FINEPET’Sは、安全性の高い無添加ドッグフードです。原材料は産地からこだわる徹底ぶりで、中国産のものは使用していません。 ラム肉や鶏肉などをベースに使用していて、防腐剤代わりに天然由来ビタミンを使うなど、安全性も考慮。肉副産物や穀物は一切使っていません。

価格 500円
評価 評価4
備考 放射能検査済み

愛犬家の皆さんへ贈る 無添加ドッグフードランキング!最新記事一覧

ライフステージ別のオススメのドッグフード
人間も成長過程で、ミルクから離乳食、普通の食事、年配の方にやさしい食事、療養の食事と分けられるように、犬のご飯もライフステージ別に切り替える必要があります。仔犬の場合生まれてから1年までを「仔犬」期間...
市販ドッグフードと手作りご飯のメリット・デメリット
市販のドッグフードと、お手製の手作りご飯、どちらがワンちゃんにとって良いのでしょう?比較してみると、それぞれメリット・デメリットがあります。市販のドッグフードメリット簡単に御飯が用意出来る安定して同じ...
犬に必要な栄養素・成分
ワンちゃんにとっての6大栄養素は「水、タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラル」です。そう、基本の栄養素は人間と変わりません。水水は生きている限り必要です。体温をコントロールしたり、食べ物の消化...
ドッグフードの危険な原材料
ドッグフードを購入するときは、必ずチェックしてほしいのがパッケージ裏の原材料の欄です。「肉類、穀物類、野菜類、ビタミン類、保存料」という順に並んでいて、全項目をチェックしてみましょう。その原材料として...
ドッグフードの保存方法
皆さんは、どのようにドッグフードを保存していますか?その保存方法が間違っているだけでも、ワンちゃんの身体に影響してしまうことがあるので、この機に保存方法も見直してみましょう。ドッグフードは犬にとって重...
ドライフードとウェットフードの違い
ドッグフードは大きく分けて、「ドライフード」と「ウェットフード」に分けられます。種類によってメリット・デメリットがあります。ドライフードについて水分量が10%以下で乾燥しているタイプのドッグフードです...
犬の病気と食べ物の関係について
人間で言う、生活習慣病は犬にも共通している部分があります。私たちは主に食生活の影響で、肥満や糖尿病など生活習慣病を発症します。それは犬たちも同じで、普段の食事が影響し、肥満などにつながることがあります...
犬のにおいとドッグフードの関係について
犬は独特のにおいがしますよね。愛犬家としては堪らないにおい!ですが、体臭や口臭はドッグフードとも関係しています。私たち人間も体臭や口臭がきつくなる原因は「食べ物」にあります。人は脂っこいものを食べ過ぎ...
犬のアレルギーについて
人間と同じように、犬もアレルギー症があります。人はアレルギー反応を起こしたとき、皮膚に赤みやかゆみが起きたり、蕁麻疹が出ることがあります。そういった症状と同じく、犬もアレルギーを起こしたとき、さまざま...
犬の健康状態の見極め方
犬は人間と違って自己主張できません。私たちは体調がすぐれないときには「具合が悪い」と人に伝えられますし、体温計で熱を測ることだって出来ます。しかし犬は、人に気付いてもらえないと、そのまま放置されること...