ドライフードとウェットフードの違い

ドライフードとウェットフードの違い

ドライフードとウェットフードの違い

ドッグフードは大きく分けて、「ドライフード」と「ウェットフード」に分けられます。
種類によってメリット・デメリットがあります。

 

ドライフードについて

 

ドックフード

水分量が10%以下で乾燥しているタイプのドッグフードです。
栄養バランスがとれているタイプで、また、乾燥しているので賞味期限が長いことや、価格が安いなどのメリットがあります。
乾燥している分、フードが硬いので、噛む力もつき、顎を強化することにもなります。これは、歯石などの汚れを落とすことにもつながります。
デメリットとしては、ドライフードは水分が極端に少ないので、ご飯と一緒によく水を飲ませてあげる必要があります。
また、ドライフードはライフステージによって使い分けるようにしましょう。

 

ウェットフードについて

 

ドックフード

水分を75%ほど含んでいて、肉や魚といった素材が活かされているため、嗜好性が高くワンちゃんにも人気です。
ご飯と一緒に水分も自然と摂ることができるので、健康維持につながります。
また、ウェットフードは缶詰や袋などに個包装されているので衛生的であることや、やわらかいのでシニア犬でも食べやすいなどのメリットがあります。
一方でドライタイプに比べると保存料や添加物が多く使われていたり、価格が高いなどのデメリットがあります。
とくに添加物の問題が注目されていて、専門家もあまりすすめられないようです。

獣医さんも推奨!オススメのドッグフードランキング

ドックフード

「カナガン」グレインフリードッグフードの特徴

獣医も推奨する通販限定のドッグフードです。 人も食べられるほど品質が高く、愛犬家の皆さんにイチオシ! 肉副産物や穀物は一切不使用。添加物も使われていません。 安全な原料にこだわっていて、チキンやさつまいもなどを使い、犬に必要な栄養をハーブなどやさしい素材で摂ることが出来ます。 また、低炭水化物なので脂肪もつきにくく、消化が良いことなどもポイント。 毛並つややかに、うんちも健康的と、利用者さんから大好評の商品です。

価格 3,960円
評価 評価5
備考 国際規格SALGLOBALランクA取得、定期コースは最大20%OFF

ドックフード

ナチュラルドッグフード「ラム」の特徴

ナチュラルドッグフードラムは、人間が食べられるほど高品質のラム肉を主原料に使用しているドッグフードです。 チキンアレルギーのワンちゃんも安心してお召し上がりいただけます。肉副産物や穀物は一切不使用の無添加クオリティ。 アレルギーになりやすい「小麦、トウモロコシ、乳製品、大豆、豚肉、牛肉」は一切使用していません。 消化吸収もよく、犬の体に負担がかかりにくいドッグフードです。

価格 3,960円
評価 評価4.5
備考 国際規格SALGLOBALランクA取得

ドックフード

FINEPET’Sの特徴

FINEPET’Sは、安全性の高い無添加ドッグフードです。原材料は産地からこだわる徹底ぶりで、中国産のものは使用していません。 ラム肉や鶏肉などをベースに使用していて、防腐剤代わりに天然由来ビタミンを使うなど、安全性も考慮。肉副産物や穀物は一切使っていません。

価格 500円
評価 評価4
備考 放射能検査済み